東洋はり医学会 神奈川支部

横浜駅に近い県民サポートセンターで毎月勉強会を開き、
多くの鍼灸師が、
学術と技術の両方を向上させるために
熱心に活動をしています。

年齢や経験は幅広いメンバーが約20人(2017年現在)。
症例の発表や実技練習を毎月行い、各人の経験を活かして鍼の技術向上、
さしては治療効果の向上を目指しています。

脉をみる

脉をみる

また、東洋はり医学会が全盲の鍼灸師により発足したこともあり、目の不自由なメンバーも多く参加しています。晴眼者がサポートしつつの支部会ですので、参加しやすい会です。

鍼灸師・鍼灸学校の学生の方の聴講はいつでも受け付けています。詳しくは「聴講希望の方へ」のページをご覧ください。

東洋はり医学会

東洋はり医学会とは昭和34年発足し、これまでに日本全国、世界各地に数千名以上のはり専門家を輩出してきた学術団体です。経絡治療の普及啓蒙、脈診流経絡治療が出来る鍼灸師を育てる団体です。勉強会の内容や募集要項などの詳しい内容は、本部ホームページをご覧下さい。

東洋はり医学会会長の中田光亮先生の実技動画がyoutubeでアップされています。
脈診流経絡治療の流れをごらんください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする